レーシック手術であきらめていた視力に一分の希望

私は20歳のときに交通事故を起こし、一度眼の手術をしています。

その影響で、視力は左0・03、右0・1という最強度の近視でした。しかも事故のときに左の目玉がゆがんでしまったようで、ひどい乱視にも悩まされていました。それからの20年は眼鏡とハードコンタクトを併用する生活。

そもそもコンタクトレンズが眼にいいわけがないと思っていたので、眼鏡にしたかったのですが、私の左眼は眼鏡ではとても矯正できない状態だったのです。そんなとき、タイガー・ウッズの噂を耳にしたのです。

レーシック矯正手術の存在は雑誌の記事や広告で知つてはいましたが、決め手になることがなく本気で考えたことはありませんでした。正直なところ、あまり期待はしていなかったのですが、先生の説明では右眼は完全に治ると、左眼も2回受ければ0・710・8くらいにはなるだろうということでした。

とくに左眼に関しては失明せずに見えるだけましというくらいあきらめていたので、少しでも可能性があるならと、迷わず受けることに決めました。とはいえ、やはり眼のことですから、信用できるところで受けたいですよね。それは誰しもそうだと思いますが、誰かの紹介とはいえ、最初はいぶかしんでもしょうがないと思います。

まず検眼される方がとても慣れていたこと。その後、レーシックの先生に診てもらったのですが、まったく同じ事を言われたので、こりゃあすごいやと。しかもあるコンタクトレンズ屋では、私の眼に使い捨てコンタクトは無理だと言われたんです。ところがここでは、1ヶ月の間使い捨てコンタクトを使いなさいと言う。それができたのだから、驚きますよ。ここなら間違いないと確信しました。

レーシック手術後、はっきりと見えたのは術後2、3時間後。霧が晴れる感じでした。術後の痛みに関しては個人差があるようですが、私は若干痛みました。我慢できない痛みではなく、ちょうどたまねぎを眼の前に置かれたような感覚。じわーっとしみるような感じでした。

●今じゃ砂ぼこりも怖くない

今、レーシック手術から2ヶ月が経過したのですが、はっきり見えています。もう朝起きて眠い眼で眼鏡を探すこともない、コンタクトで痛い思いをすることもない、快適な毎日です。

また、私は鎌倉の湘南に住んでいるのです

が、この地域に住みやすくなったということもあります。なにしろ場所柄、歩くだけで砂ぼこりがたつてしまうのですから、ハードコンタクトを入れていたときは、砂が眼に入ろうもんなら飛び上がるくらいの痛さを感じていたものです。

オープン力ーも大変でした。眼に風があたるだけでも充分痛いのに、そこにゴミまで入ってくるんですから、オープン力ーをオープンに乗れないもどかしさといったら・・・。

今ではそれもクリア。しかも裸眼で海に潜れるんですから!今となってはもう眼に対して何も考えることはありません。手術を受けることで、眼が見えるようになることで、こんなに精神的に楽になるとは思いませんでしたね。

続きを読む

レーシック手術を夫婦で受けました

初めにレーシックに興味を持ったのは僕だったんです。仕事や接待で徹夜になることが多いんですが、夜が深くなるとコンタクトがつらかったんです。疲れて乾いてシヨボシヨボしてきちゃって。

それでレーシックを受けてみょうかな、という気になって妻に相談しました。妻は最初日の手術なんて怖いと言って反対だったのですが、そうなると僕もつい意地になってプレゼンテーシヨンして、いつのまにか妻まで一緒に受けるということになっていたんです。

手術を受けて三年になりますが、正直本当に良かったと思います。術後二カ月位はドライアイになって大丈夫かなと不安になりましたが、じきに症状はなくなっていきました。

あれほど怖がっていた妻の方がドライアイもなくすんなりとなじんでいて、ちょっと悔しかったですね。今はもうなんの症状もなくなって、普通に暮らしています。

困っていた徹夜も全く苦にならなくなりましたし、コンタクトのやっかいな手聞がなくなるというのが、こんなに楽な生活だったのかと思います。また目が悪かった時はつい目を細めるくせがあったんですが、それがすっかり治って、よく知り合いに第一印象が良くなったと言われます。

人と会うのが仕事なのでこれは大きかったですね。なにかに集中している時も、自分ではわからなかったんですが眉聞にシワが寄って怖い顔になっていて、周りの人が話しかけられなかったらしいんです。

「雰囲気がソフトになった」って言われて嬉しいんです。視力が悪かった時はすごく嫌いだったメガネも、今は逆にファッションアイテムとして楽しんでます。もちろん度は入ってませんよ。

妻は肩こりや偏頭痛が治ったと喜んでいるし、二人ともゴルフがいきなりうまくなって「やっぱりタイガーウッズがレーシック手術を受けた気持ちがわかるよね」と身をもって納得しました。

会社のコンペの時に、僕が急に上達したのに驚いた上司が、その後すぐに自分もレーシックを受けに行ったのもちょっと愉快でしたね。僕らはふたりで手術を、つけたので、結果的には手術の不安は二分の一、そうして今喜びは二倍!という感じです。

術後一カ月で、以前はコンタクトの煩わしきで敬遠していた、水泳や、バスケットなどの球技も、抵抗なく行えたり、仕事に対しても集中できるようになり、充実した生活を送っております。本当に、レーシックを行って良かったです。

続きを読む

自動車保険加害者が示談にのぞむ心構え

事故を起こしたとき、示談代行っき自動車保険に加入していれば、被害者との間の示談交渉は保険会社が代行してくれますから、加害者の負担はかなり軽減されます。ただ、加害者は被害者へのお見舞いなどに誠意を尽くす必要があります。

これを怠ったために被害者の感情が悪化し、示談が難航することがありますから注意しましょう。一方、示談代行つき自動車保険に加入していない場合には、自分で被害者と示談交渉することになりますが、この場合に被害者が過大な請求をしてくることがあります。

加害者という負い目があるでしょうし、責任を痛感しているからこそ被害者の請求に応じたいということもあるでしょうが、だからといって不当に過大な請求に応じる義務はありません。被害者が不当請求を迫るのであれば、弁護士への相談を検討すべきです。また、加害者惻から「損害賠償額を確定してほしい」という趣旨の調停申立や、( 財) 交通事故紛争処理センターなどに対する示談あっせんの申立をする方法もあります。

不合理な内容の念書の効力は

不合理な内容の念書の効力は加害者の立場になったとき、事故直後の現場で被害者から、「私の全面的過失によるものですから全損害を賠償します」とか「新車に買い替える費用を負担します」といった書面を要求されることがあります。

裁判所では、このような事故直後の気が動転しているときに書いた不合理な内容の書面の効力はまず認められません。しかし、効力が認められにくいとはいえ、示談が難航する原因となりますから、念書は絶対に書いてはいけません。

続きを読む

ウォーターサーバーと地下水どちらが美味しい?

最初の〈品名〉の項にある、ウォーターサーバー、ミネラルウォーター、ナチュラルウォーターなどの表記のうち、どの水を選べばいいかと問われたら、私は〈ナチュラルミネラルウォーター〉と書かれているものをすすめます。

それは〈ナチュラルミネラルウォーター〉が自然な形でミネラルが溶け込んだ地下水、つまり、私たちが考える“自然水”のイメージに最も近いものだからです。基本的に、地下水は地球上に存在する水の中で最も飲み水にふさわしいものです。なぜなら地下水とは、雨水が大地によって濾過されてできた水だからです。雨水は、地層という天然のフィルターによって不純物を取り除かれ、かわりに地層の中のさまざまなミネラル分を受け取って、生命を育むのに適した水に生まれ変わります。

これが〈ウォーターサーバー〉の原水である。地下水”なのです。地下水には、浅井戸水、深井戸水、湧水、鉱泉水、伏流水といった種類があります。

これらについて細かく説明すると専門的で難しくなってしまいますから、わかりやすくいうと、地下水には地層の浅い所にあるもの(自由面地下水)と、深い所にあって圧力を帯びている水(被圧地下水)があり、浅い地下水を掘った井戸を“浅井戸”深い地下水を掘った井戸を”深井戸”といいます。

例外はありますが、基本的に深井戸の水の方が、溶け込んでいるミネラルの量が多く、また外的世界から隔離されているため安全性が高いと考えられています。地層の中にある地下水に対して、外気に触れる形で存在している水を“地表水”と呼びます。川や湖、池、沼などの水はすべて地表水です。

これらの水ももとは雨水や地下水ですが、そこにさまざまな有機物や不純物が流れ込んでしまっています。ラベルにある〈原材料名〉の項は、その製品がどの原水を使用しているかを示したものです。もちろん〈ナチュラルミネラルウォーター〉の原水はすべて地下水ですが、〈ボトルドウォーター〉に分類される水の中には地表水や水道水を原水としているものもあるので注意して見て下さい。

そして〈ボトルドウォーター〉に分類される水に至っては、なんと水道水をそのまま詰めてもOKなのですから、驚くほかはありません。加えてこのガイドラインには、健康への影響については一行も触れられていません。水道水と同程度に安全であればいい、ということは記されていても、健康にいいかどうかは全く問題とされていないのです。

どうしてこのような曖昧で不明瞭なガイドラインが施行されているのか、その最大の理由は、これまで日本では、ミネラルウォーターがジュースやサイダーと同じ清涼飲料水の一種と考えられてきたからです。清涼飲料水を製造する上で最も配慮しなくてはならないのはその安全性であり、健康への適性ではありません。このガイドラインが安全性だけに偏ったものになっているのはそのためです。

続きを読む

体内にたくさんの水が必要な理由

水は肉体のもとになっているばかりでなく体の中で多種多様な役割をこなしています。それは大きく分けて。

“溶媒”“運搬”。体温調節”の3つに分類されます。溶媒というのは、水がいろいろな物質を溶かし込んで、体に吸収しやすくする機能のことをいいます。人間は食事をすると消化液を分泌して食物を溶かし、栄養素を吸収し、便の形にして排泄しますが、この分泌、吸収、排泄のすべてが水の溶媒としての機能を利用したものです。

また、水はナトリウムやカルシウムなどのミネラルを溶かすことで体に吸収しやすい形に変え、体内のペー(Iや浸透圧などのバランスを一定に保つ役割も果たします。運搬というのは、主に血液によって栄養素や酸素を細胞ひとつひとつに運び、反対に老廃物や二酸化炭素を運び出す機能のことをいいます。体内の水が足りなくなると、血液の濃度が高まり流れが悪くなって運搬機能が十分に果たせなくなり、細胞がどんどん死んでいってしまうのです。

そして体温調節ですが、これはもちろん、人間の体温を一定に保つ働きです。私たちはよく汗をかきますが、この発汗という生理作用も、じつは水が蒸発する時に多くの熱を奪うという性質を利用した、非常に効率のいい体温調節法なのです。

人間は1日に少なくともO・5リットル程度の汗をかいています。夏の暑い日やスポーツをしている時などは数時間のうちに、何リットルもの汗をかくこともあります。

これは気温の上昇や運動による発熱によって上がった体温を下げるためです。もし人間が発汗しなかったら、ただじっとしているだけでも、体内の温度は軽く40度を超え、すぐに生命の危機に陥ってしまうといわれています。

これだけ多様な機能を果たしている水ですから、体内に数十リットルも貯えられていてもまだ足りないくらいなのです。ですから反対に体内の水がほんのちょっと不足しただけでも、人間はさまざまな機能不全を起こしてしまいます。

サウナでがんばって汗をかいたって減る体重はせいぜい1?2キロ。いったい残りの水はどこにあるのでしょうか。じつは、体内の水の大部分は、細胞の中に貯えられているのです。30リットルの水のうち22リットルほどは数十兆個もある細胞ひとつひとつの薄い膜の中に小分けにされ、封じ込められています。

これを〈細胞内液〉と呼びます。そして残りの約8リットルの水が、血液やリンパ液などの体液です。こちらは細胞の膜の外側にある水ですから〈細胞外液〉と呼ばれています。それでは逆に、60パーセントの水以外、残りの40パーセントは何かといえば、これはタンパク質や脂肪、ミネラルといった、体の組織のもとになる物質です。人間の体内では、こうしたさまざまな物質と水とが混ざり合って、筋肉や皮膚などを構成しています。

続きを読む

ウォーターサーバーを導入する理由

人間に必ず必要な水は、進化しています。
水道が発達していない時代は、川や、井戸水などが主に使われてきました。

水道が出来てからは、長らく水道水を人々は利用し、飲んできました。

近年は、ウォーターサーバーが家庭にも導入され、不純物が一切入っていなくて、さらに体にいい美味しい水がいつでも飲めるようになりました。

これでの水の進化を見て行きましょう。

古代の水道は川や湖の水を都市に引き入れ、そのまま家庭に給水していたが、近代水道になって汚れを除去するためろ過されるようになった。初期の水道では、一八〇〇年代にイギリスで考え出された、緩速ろ過法が使われていた。これは砂利や砂を敷きつめたろ過層に、水をしみ込ませて汚れを除去するもので、圧力をかけず自然の流れを利用するため、流速は一日四?五メートルと、名前通りのゆっくりとろ過する方法。しかし十分に時間をかけてろ過するため、水中の浮遊物や細菌はほとんど除かれ、鉄、マンガン、フェノールといった水をまずくする物質もかなり除くことができる。そのうえ塩素の量も少なくてすむため、ろ過された水は自然のままのおいしい水になる。

緩速ろ過は地上に降った雨が、落ち葉の層や土壌にしみ込み、地層の砂利や岩石によって時間をかけてろ過される仕組みを人工的に行う処理法。処理のための干不ルギーや薬品の必要もなく、環境にやさしい処理技術といえるが、緩速ろ過にも大きな欠点があった。それは流速が遅いため、処理に時間がかかることだ。したがって大量の水を処理するためには、ろ過池の面積を広く取らねばならない。しかも粒の大きさがIミリ程度の砂を約七〇センチの厚さに敷きつめたろ過池は、使っているうちに汚れが砂に付着して、目詰まりを起こして一層流速が落ちてしまう。そこで水を一時止めて、砂を洗って付着した汚れを取らなければならない。広い面積を必要とし、メンテナンスに手間がかかるという問題点があった。

続きを読む

ウォーターサーバーで体に良い水を摂る習慣を

体にいい水の条件①

ウォーターサーバーには適度なミネラル成分が含まれています。

また、天然水の場合は、バナジウムなど体によいと言われている成分も含まれています。

ミネラルがバランスよく含まれていること これまで述べてきたように、ミネラル成分は、体の機能を調整するのに欠かせないものです。このミネラルがバランスよく含まれていることが、体にとってよい水の条件となります。 ミネラルのなかでも、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどの栄養素は、なくてはならないもので、不足すると欠乏症を引き起こします。

ほかにも、体組織をつくるもの、他の成分と結合して生体の構成成分となるもの、血液や体液の分量、浸透圧やphを調整する働きをするもの、筋肉や神経の収縮や興奮性を調整するものがあります。

環境汚染が進み汚染物質が体内に取り込まれやすい状況にある今日では、ミネラルの役割もより重要となってきます。飽食生活に起囚する糖尿病や痛風、高脂血症についても、ミネラル不足は病気を一層悪化させます。 健康を保つためには、食事だけでなく飲料水からも、十分なミネラルをとるように心がけましょう。

体にいい水の条件②

酸素・炭酸ガスが溶け込んでいること 湯冷ましした水はおいしくないといわれますが、これは煮沸したことによって水中に溶け込んでいた酸素と炭酸ガスが失われてしまっているからです。この場合は、冷蔵庫で1時間程冷やすと、空気中の酸素と炭酸ガスが溶け込んで、おいしくなります。

水中に酸素と炭酸ガスが卜分に溶け込んでいれば、水はさわやかな味わいになります。

体にいい水の条件③

硬すぎず軟らかすぎない水であること 水にはカルシウムやマグネシウムが含まれていますが、この量が多ければ多いほど硬度の高い水になり、少なければ軟らかい水になります。カルシウムとマグネシウムはイオンの状態で含有されています。イオン濃度が高いのが硬水、低いのが軟水です。軟水に慣れ親しんでいる日本人は、ヨーロッパなどの硬水を飲むと、腸が過度に刺激され下痢を引き起こす場合もあります。また、硬すぎる水を常用すると結石の原因となる可能性もあります。

しかし、硬度が低すぎては、ミネラル不足になります。適度な硬さの水が体によく、また味わいも深いものとなります。

体にいい水の条件④

中性に近い水であること 人間の体液は、ph値が7・35?7・45の弱アルカリ性に保たれています。中性にとても近い状態です。私たちの体は、体液をこのような状態に調整する働きがあり、それが生命を維持しています。飲用する水も、この体液と極端に違うのはよくありません。中性に近い水であることが体によく、かつおいしく飲むことができます。

続きを読む