レーシック手術を夫婦で受けました

初めにレーシックに興味を持ったのは僕だったんです。仕事や接待で徹夜になることが多いんですが、夜が深くなるとコンタクトがつらかったんです。疲れて乾いてシヨボシヨボしてきちゃって。

それでレーシックを受けてみょうかな、という気になって妻に相談しました。妻は最初日の手術なんて怖いと言って反対だったのですが、そうなると僕もつい意地になってプレゼンテーシヨンして、いつのまにか妻まで一緒に受けるということになっていたんです。

手術を受けて三年になりますが、正直本当に良かったと思います。術後二カ月位はドライアイになって大丈夫かなと不安になりましたが、じきに症状はなくなっていきました。

あれほど怖がっていた妻の方がドライアイもなくすんなりとなじんでいて、ちょっと悔しかったですね。今はもうなんの症状もなくなって、普通に暮らしています。

困っていた徹夜も全く苦にならなくなりましたし、コンタクトのやっかいな手聞がなくなるというのが、こんなに楽な生活だったのかと思います。また目が悪かった時はつい目を細めるくせがあったんですが、それがすっかり治って、よく知り合いに第一印象が良くなったと言われます。

人と会うのが仕事なのでこれは大きかったですね。なにかに集中している時も、自分ではわからなかったんですが眉聞にシワが寄って怖い顔になっていて、周りの人が話しかけられなかったらしいんです。

「雰囲気がソフトになった」って言われて嬉しいんです。視力が悪かった時はすごく嫌いだったメガネも、今は逆にファッションアイテムとして楽しんでます。もちろん度は入ってませんよ。

妻は肩こりや偏頭痛が治ったと喜んでいるし、二人ともゴルフがいきなりうまくなって「やっぱりタイガーウッズがレーシック手術を受けた気持ちがわかるよね」と身をもって納得しました。

会社のコンペの時に、僕が急に上達したのに驚いた上司が、その後すぐに自分もレーシックを受けに行ったのもちょっと愉快でしたね。僕らはふたりで手術を、つけたので、結果的には手術の不安は二分の一、そうして今喜びは二倍!という感じです。

術後一カ月で、以前はコンタクトの煩わしきで敬遠していた、水泳や、バスケットなどの球技も、抵抗なく行えたり、仕事に対しても集中できるようになり、充実した生活を送っております。本当に、レーシックを行って良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>