ウォーターサーバーと地下水どちらが美味しい?

最初の〈品名〉の項にある、ウォーターサーバー、ミネラルウォーター、ナチュラルウォーターなどの表記のうち、どの水を選べばいいかと問われたら、私は〈ナチュラルミネラルウォーター〉と書かれているものをすすめます。

それは〈ナチュラルミネラルウォーター〉が自然な形でミネラルが溶け込んだ地下水、つまり、私たちが考える“自然水”のイメージに最も近いものだからです。基本的に、地下水は地球上に存在する水の中で最も飲み水にふさわしいものです。なぜなら地下水とは、雨水が大地によって濾過されてできた水だからです。雨水は、地層という天然のフィルターによって不純物を取り除かれ、かわりに地層の中のさまざまなミネラル分を受け取って、生命を育むのに適した水に生まれ変わります。

これが〈ウォーターサーバー〉の原水である。地下水”なのです。地下水には、浅井戸水、深井戸水、湧水、鉱泉水、伏流水といった種類があります。

これらについて細かく説明すると専門的で難しくなってしまいますから、わかりやすくいうと、地下水には地層の浅い所にあるもの(自由面地下水)と、深い所にあって圧力を帯びている水(被圧地下水)があり、浅い地下水を掘った井戸を“浅井戸”深い地下水を掘った井戸を”深井戸”といいます。

例外はありますが、基本的に深井戸の水の方が、溶け込んでいるミネラルの量が多く、また外的世界から隔離されているため安全性が高いと考えられています。地層の中にある地下水に対して、外気に触れる形で存在している水を“地表水”と呼びます。川や湖、池、沼などの水はすべて地表水です。

これらの水ももとは雨水や地下水ですが、そこにさまざまな有機物や不純物が流れ込んでしまっています。ラベルにある〈原材料名〉の項は、その製品がどの原水を使用しているかを示したものです。もちろん〈ナチュラルミネラルウォーター〉の原水はすべて地下水ですが、〈ボトルドウォーター〉に分類される水の中には地表水や水道水を原水としているものもあるので注意して見て下さい。

そして〈ボトルドウォーター〉に分類される水に至っては、なんと水道水をそのまま詰めてもOKなのですから、驚くほかはありません。加えてこのガイドラインには、健康への影響については一行も触れられていません。水道水と同程度に安全であればいい、ということは記されていても、健康にいいかどうかは全く問題とされていないのです。

どうしてこのような曖昧で不明瞭なガイドラインが施行されているのか、その最大の理由は、これまで日本では、ミネラルウォーターがジュースやサイダーと同じ清涼飲料水の一種と考えられてきたからです。清涼飲料水を製造する上で最も配慮しなくてはならないのはその安全性であり、健康への適性ではありません。このガイドラインが安全性だけに偏ったものになっているのはそのためです。

続きを読む

ウォーターサーバーを導入する理由

人間に必ず必要な水は、進化しています。
水道が発達していない時代は、川や、井戸水などが主に使われてきました。

水道が出来てからは、長らく水道水を人々は利用し、飲んできました。

近年は、ウォーターサーバーが家庭にも導入され、不純物が一切入っていなくて、さらに体にいい美味しい水がいつでも飲めるようになりました。

これでの水の進化を見て行きましょう。

古代の水道は川や湖の水を都市に引き入れ、そのまま家庭に給水していたが、近代水道になって汚れを除去するためろ過されるようになった。初期の水道では、一八〇〇年代にイギリスで考え出された、緩速ろ過法が使われていた。これは砂利や砂を敷きつめたろ過層に、水をしみ込ませて汚れを除去するもので、圧力をかけず自然の流れを利用するため、流速は一日四?五メートルと、名前通りのゆっくりとろ過する方法。しかし十分に時間をかけてろ過するため、水中の浮遊物や細菌はほとんど除かれ、鉄、マンガン、フェノールといった水をまずくする物質もかなり除くことができる。そのうえ塩素の量も少なくてすむため、ろ過された水は自然のままのおいしい水になる。

緩速ろ過は地上に降った雨が、落ち葉の層や土壌にしみ込み、地層の砂利や岩石によって時間をかけてろ過される仕組みを人工的に行う処理法。処理のための干不ルギーや薬品の必要もなく、環境にやさしい処理技術といえるが、緩速ろ過にも大きな欠点があった。それは流速が遅いため、処理に時間がかかることだ。したがって大量の水を処理するためには、ろ過池の面積を広く取らねばならない。しかも粒の大きさがIミリ程度の砂を約七〇センチの厚さに敷きつめたろ過池は、使っているうちに汚れが砂に付着して、目詰まりを起こして一層流速が落ちてしまう。そこで水を一時止めて、砂を洗って付着した汚れを取らなければならない。広い面積を必要とし、メンテナンスに手間がかかるという問題点があった。

続きを読む