レーシック手術であきらめていた視力に一分の希望

私は20歳のときに交通事故を起こし、一度眼の手術をしています。

その影響で、視力は左0・03、右0・1という最強度の近視でした。しかも事故のときに左の目玉がゆがんでしまったようで、ひどい乱視にも悩まされていました。それからの20年は眼鏡とハードコンタクトを併用する生活。

そもそもコンタクトレンズが眼にいいわけがないと思っていたので、眼鏡にしたかったのですが、私の左眼は眼鏡ではとても矯正できない状態だったのです。そんなとき、タイガー・ウッズの噂を耳にしたのです。

レーシック矯正手術の存在は雑誌の記事や広告で知つてはいましたが、決め手になることがなく本気で考えたことはありませんでした。正直なところ、あまり期待はしていなかったのですが、先生の説明では右眼は完全に治ると、左眼も2回受ければ0・710・8くらいにはなるだろうということでした。

とくに左眼に関しては失明せずに見えるだけましというくらいあきらめていたので、少しでも可能性があるならと、迷わず受けることに決めました。とはいえ、やはり眼のことですから、信用できるところで受けたいですよね。それは誰しもそうだと思いますが、誰かの紹介とはいえ、最初はいぶかしんでもしょうがないと思います。

まず検眼される方がとても慣れていたこと。その後、レーシックの先生に診てもらったのですが、まったく同じ事を言われたので、こりゃあすごいやと。しかもあるコンタクトレンズ屋では、私の眼に使い捨てコンタクトは無理だと言われたんです。ところがここでは、1ヶ月の間使い捨てコンタクトを使いなさいと言う。それができたのだから、驚きますよ。ここなら間違いないと確信しました。

レーシック手術後、はっきりと見えたのは術後2、3時間後。霧が晴れる感じでした。術後の痛みに関しては個人差があるようですが、私は若干痛みました。我慢できない痛みではなく、ちょうどたまねぎを眼の前に置かれたような感覚。じわーっとしみるような感じでした。

●今じゃ砂ぼこりも怖くない

今、レーシック手術から2ヶ月が経過したのですが、はっきり見えています。もう朝起きて眠い眼で眼鏡を探すこともない、コンタクトで痛い思いをすることもない、快適な毎日です。

また、私は鎌倉の湘南に住んでいるのです

が、この地域に住みやすくなったということもあります。なにしろ場所柄、歩くだけで砂ぼこりがたつてしまうのですから、ハードコンタクトを入れていたときは、砂が眼に入ろうもんなら飛び上がるくらいの痛さを感じていたものです。

オープン力ーも大変でした。眼に風があたるだけでも充分痛いのに、そこにゴミまで入ってくるんですから、オープン力ーをオープンに乗れないもどかしさといったら・・・。

今ではそれもクリア。しかも裸眼で海に潜れるんですから!今となってはもう眼に対して何も考えることはありません。手術を受けることで、眼が見えるようになることで、こんなに精神的に楽になるとは思いませんでしたね。

続きを読む

レーシック手術を夫婦で受けました

初めにレーシックに興味を持ったのは僕だったんです。仕事や接待で徹夜になることが多いんですが、夜が深くなるとコンタクトがつらかったんです。疲れて乾いてシヨボシヨボしてきちゃって。

それでレーシックを受けてみょうかな、という気になって妻に相談しました。妻は最初日の手術なんて怖いと言って反対だったのですが、そうなると僕もつい意地になってプレゼンテーシヨンして、いつのまにか妻まで一緒に受けるということになっていたんです。

手術を受けて三年になりますが、正直本当に良かったと思います。術後二カ月位はドライアイになって大丈夫かなと不安になりましたが、じきに症状はなくなっていきました。

あれほど怖がっていた妻の方がドライアイもなくすんなりとなじんでいて、ちょっと悔しかったですね。今はもうなんの症状もなくなって、普通に暮らしています。

困っていた徹夜も全く苦にならなくなりましたし、コンタクトのやっかいな手聞がなくなるというのが、こんなに楽な生活だったのかと思います。また目が悪かった時はつい目を細めるくせがあったんですが、それがすっかり治って、よく知り合いに第一印象が良くなったと言われます。

人と会うのが仕事なのでこれは大きかったですね。なにかに集中している時も、自分ではわからなかったんですが眉聞にシワが寄って怖い顔になっていて、周りの人が話しかけられなかったらしいんです。

「雰囲気がソフトになった」って言われて嬉しいんです。視力が悪かった時はすごく嫌いだったメガネも、今は逆にファッションアイテムとして楽しんでます。もちろん度は入ってませんよ。

妻は肩こりや偏頭痛が治ったと喜んでいるし、二人ともゴルフがいきなりうまくなって「やっぱりタイガーウッズがレーシック手術を受けた気持ちがわかるよね」と身をもって納得しました。

会社のコンペの時に、僕が急に上達したのに驚いた上司が、その後すぐに自分もレーシックを受けに行ったのもちょっと愉快でしたね。僕らはふたりで手術を、つけたので、結果的には手術の不安は二分の一、そうして今喜びは二倍!という感じです。

術後一カ月で、以前はコンタクトの煩わしきで敬遠していた、水泳や、バスケットなどの球技も、抵抗なく行えたり、仕事に対しても集中できるようになり、充実した生活を送っております。本当に、レーシックを行って良かったです。

続きを読む